世界一の渋滞大国!ジャカルタ潜入!!

アジア最後の寄港地、インドネシアジャカルタ

ジャカルタには旅客船の停泊する港がないのです!

だからコンテナヤードで降りて、トラックやコンテナの脇をくぐり抜けてタクシー乗り場に向かうってゆうサバイバルな状態。気温は40℃近くで蒸し暑いー。

f:id:RILY:20121227111556j:plain

ここでは1人行動することに。

理由は、アジアなら安心感あるので&買い物したい(←またw)&1人になりたかったからwしかし、あとからジャカルタ1人行動したって、船の友達に言ったら驚愕してた。というのも、治安がかなり悪いらしい。そして、ぼったくり祭りらしい。

 

とにかくブルータクシーを捕まえに出発!そのタクシーがメーターも付いてて安心なの。でも、怪しげな個人タクシーばっか集まってくる。

路上には、タムロしてるおっちゃん達がたくさん。カメラ向けると笑顔でピース☆

東南アジアならではの光景。こーゆうのって男性だけなんだよね。女性はせっせと働いてるのか。。

f:id:RILY:20140811122425j:plain

タクシー捕まえて街の中心地へ。腹ごしらえのKFC。スイカジュースにピザ、チーズロール。船ではジャンクフード食べれないから、たまに無性に食べたくなる!!味は、なぜか全体的に甘いんだけど、問題無しでした。物価も日本の3分の1程度だからかなり安い〜。

f:id:RILY:20121227131454j:plain

お次ぎは、郵便局。完全に観光客の立場から脱却したw日本から船に持ち込んだいらない荷物(ほぼ洋服)を日本に送り返したくて。

このビニールいっぱいに洋服つめて国際郵便6000円くらいでした。

無事終了。淡々と事務作業こなす。w

f:id:RILY:20121227140320j:plain

お次ぎはお買い物♪日用品を買い足したくてw

ブランドショップからスーパーまで何でも揃う大型ショッピングモールへ。

中に入って思ったのは、ジャカルタの女の子、すごいおしゃれ!みんなアメカジ的な格好。しかも骨格からして細いからみんなモデルさんみたい。ガン見させて頂きました。

写真撮りたかった♡

いろいろ買い物した後、大好きなタピオカミルクティー飲んで店員さんと仲良しに。

香川真司の大ファンなお兄さんに、帰船の時間を20時と伝えると、彼、恐れおののく。今すぐでないと渋滞に巻き込まれて、帰船時間に間に合わないとのこと。だってまだ17時だし、帰船リミットまであと3時間もあるじゃーん。マッサージもいきたいよー。とか言ってる私にタクシーまで呼んでくれて、港まで強制出発w今となっては、本当にありがたいです。はい。

f:id:RILY:20121227154128j:plain

なんとなく車多いなー。と思いつつもまだまだ進む。

行きは、港から街の中心地までだいたい30分だった。。。けど。2時間くらいのろのろ走り、車完全に止まる。噂のジャカルタ大渋滞に巻き込まれたらしい。

船に予定時刻通りに帰らないとなにが起こるかというと。。

自分の荷物だけ船外に出され港においていかれる。船は、定刻通りに出港。

そして1か2を選択することになる。

1)日本に帰国 or  2) 次の港で合流(ジャカルタの次の港はアフリカw)

だから絶対遅れられない。

f:id:RILY:20121227145616j:plain

 あと1時間しかないし、タピオカ(Mサイズなのに巨大だった)飲んだせいでトイレ行きたいってことで1人そわそわw

ドライバーにあと何分かかる?ってしつこく聞くけど、んーわからないなー。の繰り返し。そして、トイレの我慢も限界に達し、トイレ行きたいから降ろして!って言ってもここは車だらけで、歩道もないし危ないから無理だよ。代わりにコレあげるから。ってビニール袋を渡され、さりげなく音楽の音量を上げるドライバー。。。w

おかしな気遣いをされつつ、その後どうしたかはご想像にお任せしますw

f:id:RILY:20140812210859j:plain

一向に前に進まないまま日も暮れて、いよいよ帰船リミットまであと30分に。

さすがにまずいと思い、タクシーを乗り捨てて、舗装されていないでこぼこで真っ暗な道を走る私。1人だから尚更不安。ドアの開いた混んでるバスが走ってたので飛び乗ったら、行き先が違うと言われ乗車時間10秒で下車。

港までの距離感もわからないし、置いていかれたらどうしようと、さらに焦る。

次は、歩いてる学生風のお兄さんに聞いてみた!港に行きたい!って必死の顔で英語で訴える!

が、しかし!英語通じないーーーー。ここは、インドネシア語が、メインのお国ーーーー。地図で伝えたけど、お兄さんも目的地までの道をわかってない様子。しかも歩くの遅め。そして、ラッキーなことに警察のおじさんに遭遇して、お兄さんの代わりに連れて行ってくれることに!!よかったーと思いきや、歩くのさらに遅い。もはや、後ろに後退しながら歩いてますか?ぐらいの勢い。

早く早くーー!!って言いまくってたら、バイクタクシーのおじさんが私の異常な焦りをキャッチ!英語も通じるし、港まで乗せてくれることに。

残り時間、あと15分。大渋滞の車の脇を凄い早さでくぐり抜けて、コンテナヤードへ。船の前まで送ってくれて一安心。最初の値段よりだいぶぼったくられてたけど、もう半泣き状態で来ないもん!と思い持ってるインドネシアルピア全部お支払い。

10分前になんとか船帰できたのでした。

そして、アフリカ大陸へ向けて出発!

 

いろんな世界一周ブログが見れるサイトです↓

http://blog.with2.net/link.php?1662564 

http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/ranking_out.html