企業が求めるグローバルな人材って?国際的な人の本当の意味。

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです! 

f:id:RILY:20180804203638j:plain

 

多くの人外資系企業や、外国人が集まる街、六本木!

海外からの友達を案内するチャンスも多いけど、パリピが多くて私はあまり好きになれない場所。

もちろんお酒やバーは好きだけどw

今回は、タイトルに関係することで、気付いたことがあったのでみなさんと共有出来ればと思って記事にしました。

 

<よく聴く言葉!国際的な人、グローバルな人>

グローバル!国際的!

最近はこの言葉を耳にする機会が、以前にも増して超絶増えたと思うのですが。

都内に行くと、外国人観光客で溢れ、英語や中国語の看板やメニュー、外国人対応のスタッフから外国語で話しかけられ、もはやここが日本なのか、外国なのかという

錯覚に陥いる。 

そして、コンビニやキヨスクからは、いつの間にか日本人スタッフの姿が消えた。

企業の求人でもグローバルな人材を求めている。

果たして、グローバルな人って一体何だろう??

 

<グローバルの本当の意味>

私は、国際社会学を大学で専攻してました。

高校生のLilyが抱いていた、その学部へイメージ。

→世界のことを幅広く勉強できる!英語を話せるようになって、留学もできる学部!

(心底単純な人間w)

ハイソなイメージで海外に精通してて、かっこいいなと思っていたw

帰国子女や、留学生、はたまたCAや商社マンにも同じイメージを持つ人が多いのでは。

世界で活躍し、語学が堪能だとグローバル、または国際的な人という枠に入る。

でも、本当のグローバルってそれだけじゃないという事に、ふと気付いたのです。

 

グローバルの本当の意味、それは目の前にいる人を国や肌の色関係なく、平等に接することが出来る人だと思うのです。

日本で生活していると、もちろん日本人の割合が多いため、外国人を好奇な目で見たり、白人至上主義(広告の白人起用率の高さ等)を感じることがたくさん。

私のイギリス国籍でインド人の友達は、日本に遊びに来た時、こう言って怒ってました。

「私だけ空港の税関で呼び止められ、スーツケースを開けられて中身を全部チェックされた!私の肌の色が、ブラウンだから!!!」

うーん。。本当に何ででしょう?

差別は、対外国人に留まらず、日本人同士でも起こるし、解決策があって無いような問題。

そんな中でも、外国人である相手の文化を受け入れ、自分の友達、親友、家族の様に接することが自然とできる人の事をグローバルな人、国際的な人と呼ぶのだと思います。

そうなるには、世界に目を向けて興味を持つことが一番手っ取り早い道でしょうか。

ワールドニュースを見るとか、外国人の友達を作りにバーに出掛けるのも然りw

これから日本にいながらにして、外国人と接する機会がどんどん増えるんだろうな。

そんな中で、みなさんの心の持ち方の参考になれば幸いです。

 

最後は、商社マンの叔父が言っていた素敵な言葉で締めたいと思います。

「みんな自分の母親が亡くなったら泣くでしょう?

その気持ちに、国や肌の色は関係ないんだよ。」

 

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます☆★