【インドネシア】ジョグジャカルタでまさかのインドネシア版、テラスハウス!

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

インドネシアの京都、ジョグジャカルタ

インドネシア人の旅友達に誘われ、ひょんなことから始まったこの旅。

電車と飛行機を乗り継ぎ、6時間かけてバニュワンギから到着したインドネシアの古都ジョグジャカルタ

到着は夜だったため、空港から宿へ直行することに。

f:id:RILY:20180511212123j:plain

なにやら友人5,6人で宿を借りてるらしい。

東南アジアのホステル事情はよく知っているので、覚悟はしてましたw

私が以前宿泊したある宿は、今にも壊れそうで、トイレには鶏が繋がれていたり。

ある宿は、宿の床が隙間だらけで、2階に宿泊して床に置いたものは全て1階へ落下していったっけ。。。(遠い目w)

タクシーは路地に入り、薄暗さがさらに増します。

f:id:RILY:20180511210120j:plain

 

テラスハウスへようこそ>

覚悟を決めている私に友達が「着いたよ〜」と一言。

ドアを開けると目に飛び込んできたのは、この空間。

f:id:RILY:20180511200000j:plain

え!

f:id:RILY:20180511190009j:plain

鶏がいない!w

2階はベッドルーム3部屋。

1階はダイニング&リビング、ベッドルーム1部屋。

f:id:RILY:20180511200012j:plain

インテリアの一つ一つがおしゃれ!

f:id:RILY:20180511185959j:plain

ここインドネシアだっけ?と思わずにはいられないクオリティー

完全に東京負けてますw

ちなみに女子部屋はこちら。

f:id:RILY:20180512064136j:plain

みんな支度中なので、ちょっと荒れ気味だけど。

家の外は、バイクがブンブン通ってて東南アジア丸出しなのに、一歩家に入るとこんな素敵な空間が広がっているなんで!!

ここに初めて出会った友達と一緒に生活するなんて!!!

あれ!

この展開って、まさか。

テラハ!!??

私の勝手な妄想も含みますが、

インドネシアテラスハウス

スタートです!w

 

 全然関係ないのですが、ブログの字体を読みやすくゴシック体とかにしたいのですが、方法がわからないので、コメントで教えていただけると助かります。

ここでヘルプw

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



【インドネシア】現地の結婚式に招かれる!ジョグジャカルタまでぶらり旅。その①。

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

<出会いは旅の醍醐味>

ホステルには、欧米人、日本人、国内旅行中のインドネシア人などいろんな国の人たちが宿泊しています。

私は、ホステルのダイニングでインドネシア人グループと楽しくおしゃべり。

f:id:RILY:20180822192449j:plain

インドネシア語で話したら、とっても喜んでくれました!

さらに1人はオーストラリアへワーホリをして、私と同じ時期にシドニーに住んでいたという事実発覚!

共通点があって意気投合。

そして、「これから友人の結婚式に参加するためにジョグジャカルタに行くから、一緒に来ない?」と突然のお誘いを受ける。

フランスに行ってパリに行かないのと同じ。イギリスに行ってロンドンに行かないのと同じとか散々言いくるめられるw

さっき知り合ったばかりなのに大丈夫かなと思ってオーナーのMayaに相談するも、またもや明るい返事が返ってくる。

「ゲストハウスは旅人が集う場所だから、みんな旅仲間を見つけて出かけて行くわよ!大丈夫、大丈夫!」

そして私は、特に予定なかっので思い切ってみんなに便乗することに!

いい人たちだとわかってたけど、かなり思い切ったw

 

<中華系インドネシア人>

電車で4時間かけてバニュワンギ→スラバヤ。

スラバヤから飛行機で1時間半くらい→ジャカルタのコースです。

f:id:RILY:20180511064239j:plain

私たちがスラバヤで乗り換えた1日後にスラバヤの教会で自爆テロが起きたり、ジョグジャカルタにある火山が爆発して飛行機が飛ばないと言われたりするも、なんとか無事到着!

いつも何かしら起こるけど、なかなかラッキーに旅を進める私w

南国を走る列車は、ヤシの木を横目にひたすらスラバヤを目指します。

f:id:RILY:20180511065131j:plain

そして旅の道中は、みんなでひたすら話しまくる。

みんなは中華系インドネシア人。

ふと友達の免許証を見ると「Leonardo・Leonardo (レオナルド・レオナルド))」と記載が。

これは何かの間違い?と聞くと彼にはファーストネームしか無いそう。

中国のファミリーネームはあるみたいだけど、一度も使ったことがないとのこと。

インドネシア政府の政策で、華僑は名前しか名乗れなかったのだそう。

日本だったらありえないけど、彼らはケロッとしてました。

もっと詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。 

toyokeizai.net

 

インドネシアの京都、ジョグジャカルタ到着>

車内は冷房も効いてて、お弁当販売もあって新幹線みたい。

私はナシゴレン弁当を注文!

とても快適。

f:id:RILY:20180511120504j:plain

スラバヤに到着したらUberを使って空港まで移動。

最近は、みんなTaxiより安いUberを使うそうです。

私はまだ、海外でチャレンジしたことないから一度やってみたいな〜!

 

スラバヤの空港は、インテリアや装飾がとてもきれい。

f:id:RILY:20180511151034j:plain

噴火する火山を横目に無事、ジョグジャカルタに到着〜。

着いて早々ジョグジャカルタの街に繰り出します!

f:id:RILY:20180511223100j:plain

街では伝統衣装着た人が撮影してたから便乗w

みんなに何から何までやってもらって快適な旅は続きます。

 

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



【インドネシア】バニュワンギのローカルおすすめスポット!

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

<バイクの2ケツ>

この旅では、ひたすらのんびりするために予定を一切立てずに来た私。

ホステルのハンモックでゴロゴロしていたら、何やら私を呼ぶ声が!

声の方に振り向くと、まさかの知り合いのインドネシアファミリーがいました。

f:id:RILY:20180816173152j:plain

5年前にホステルのオーナーを通して知り合った家族がわざわざ会いに来てくれたー!

感動!2人は姉妹で、インドネシア人女性らしくシャイで明るく、優しいです。

そしてバニュワンギの街散策に連れて行ってくれることになりました。

f:id:RILY:20180510125123j:plain

バイクの二人乗りも東南アジアならではの光景。

最近は、ヘルメット着用が義務づけられたみたい。

たまに子供含めた4人乗りもいるw

運転中なのに写真を撮って気を散らす私w

f:id:RILY:20180510125202j:plain

 

<どやどやなショッピングモール>

まず連れてきてくれた場所は、地元のショッピングモール。

その名も「ROXY」!

f:id:RILY:20180510133745j:plain

モール内には、デパート、スーパー、カフェ、レストランが入っていて、ここに来ればなんでも揃うイオンモール的な存在。

さっそくデパートからスタート!

f:id:RILY:20180510132103j:plain

何か掘り出し物ないかな〜とプラプラ。

バッグコーナーに入ると、ドドーーン!!

f:id:RILY:20180510132040j:plain

ブランド品の偽物エリアに突入。

サンローランのバッグがゴロゴロ。

さっそくドヤってます。

バーバリーのバッグが隙間なく並べられていて、100均の陳列と同じ扱いを受けているw

f:id:RILY:20180510132022j:plain

そんな中、私はレインシューズを¥600で購入♩

どことなくあるブランドにデザインが似てるんだけど、ロゴも無いしよしとしよう。

モール内は、ローカルの人ばかりで観光客は皆無。

女性は結構、スカーフ(ヒジャブ)で頭を覆ってる割合高いです。

その中を、短パンビーサンで歩く私はかなり奇妙なはず。

地元の方にとっては、若干露出度高くてすいませんw

写真は、家族3人の後ろ姿♡

f:id:RILY:20180510133639j:plain

 

<ビーチでのんびり>

お次はビーチへ。

さっそく女子が大好きな写真撮影タイム。

ちなみにインドネシアの女の子は写真が大好き!

私ももちろん便乗w

f:id:RILY:20180510145745j:plain

ビーチ沿いには、ヤシの木が生えていて、写真スポットがいっぱい!

インスタ映え狙いたい人にはもってこいのビーチですw

f:id:RILY:20180510142647j:plain

ちなみにビーチの名前は「Cacalan beach」。

ローカルのファミリー&カップルが来ていて落ち着いた雰囲気。

f:id:RILY:20180510140932j:plain

奥にはバリ島も見えます。

バニュワンギからフェリーで40分くらいなので、本当に目の前がバリ島!

f:id:RILY:20180510142118j:plain

ここでは、本当にリラックスしてのんびりできます。

ちなみに私たちは1時間半くらいガールズトークしてましたw

 

<セントラルの巨大モスク>

海のあとは、大好きなファミリーの家にお邪魔して(実はお宅訪問は2回目w)、彼らとはそこでお別れ。

そして、まだ開拓できてない街の中心部まで自転車で行くことに。

18時過ぎで、すでに外は暗いし、道には街灯もないし、人も少ないからMayaに止められるかな?と思いつつ聞いてみた。

「えー!いいわね!楽しそう!全然危なく無いから!楽しんで行ってらっしゃい!」

巨大パパイヤ with Maya。

f:id:RILY:20180510212014j:plain 

明るい返事も返ってきたので、往復2時間弱かけて夜の街に繰り出した。

実際、月明かりと携帯ライトだけを頼りに運転して、思った以上に暗くて怖かったw

日本だったら、拉致られるからやめなさいと言われて確実に止められるレベルw

されに自転車乗りながら携帯map見てたら転んで、自転車壊れる事態発生。

でもなんとか到着!

マーケットや屋台がずらり。

f:id:RILY:20180510194532j:plain

全体的に薄暗いんだけど、バイクや車、人通りも多くて賑わってました。

中心部には、公園や大きなモスクもあります。

モスクの名前は、「Masjid Agung Baiturrahman」です。

f:id:RILY:20180510194928j:plain

ちょうどお祈りの時間で、ムスリムのお経が街全体に流れてました。

イスラムの国を感じる一時。

モスクの中に入るのは、敷居が高かったので今回はパス。

次回は挑戦してみたいなー!

そして、また自転車をこいでホステルまで戻りました。

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



 

【インドネシア】常夏の国でまさかのサファリ体験!

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

 <まさかのサファリ体験>

次はどこ行く〜?と爆走ドライバー(既に暴走ドライブ中)に聞くとまさかの答えが返ってきた。

f:id:RILY:20180509155350j:plain

「サファリに行くよ!」

「えー!サファリがあるの!?アフリカでもない、こんな常夏の島に!?」

と私が驚いているのもお構いなしに 、ガンガンスピードを出して一般道100km越え運転。

頼むから村の子だけはひかないでw

森に佇む牛たちを、すごい勢いで追い越して。

f:id:RILY:20180509155840j:plain

常夏だった景色から一変して、少し寂しげな森の中を突き進む。

相変わらず暴走ドライブは続き、もはやこのスピードが爽快に感じ始める私。

f:id:RILY:20180509160729j:plain

そんな中、サファリの入口に数人の男性を発見!

何やら暴走ドライバーと話をして。。。

そのうちの一人が助手席に乗り込んで来て、なぜか3人組になるw

インドネシア語だから、わけわからないまま仲間が増え、さらにサファリの中へ。

今回お世話になったのは、こちらのサファリです。

f:id:RILY:20180509163110j:plain

インドネシアの国旗がはためくビューポイントまで行ったら車を降りて、

いざサファリへ!

f:id:RILY:20180509163114j:plain

なんだか暴走ドライバーと助手席の男性が笑いながら話してるので、内容を聞いてみました。

そしたら、まさかの暴走ドライバーの発言!!

「君は、僕の奥さんてことになってるから」

ちょっとー!!!話の内容1mmも伝わらないんだけどww

簡単に説明しますと、入場料を安くするために入口でインドネシア料金のローカルチケットを2枚購入。

そして私はドライバーの奥さんという程になっていたらしい。

さらに、その裏話をして盛り上がってるメンズ2人w

f:id:RILY:20180509164721j:plain

そんなこんなでサファリスタートw

まずは高台から双眼鏡で、動物を探します。

f:id:RILY:20180509164352j:plain

私の横でだいぶくつろいでる助手席メンズ。

やる気ない風の彼は、このサファリで働いています。

そして、双眼鏡越しにバッファローの群れや、孔雀、鹿の仲間がいて大自然を感じられます。

f:id:RILY:20180509162355j:plain

夜には、ホタルの大群が見れるんだとか!

夢中で動物たちの姿を追っかけていたら

「下に降りてみる?」とスタッフからお誘い。

f:id:RILY:20180509164842j:plain

楽しそうだから行ってみることに。

しかし「動物からアタックされて怪我や死亡する人もいるから気をつけてね!」

と明るく言い放たれて簡単に柵を超えてサファリの中へw

f:id:RILY:20180509170549j:plain

あいにく夕暮れ時で、バッファローの群れに遭遇して終わってしまいましたが、自分の足でサファリ内を散策できていい経験になりました。

かなり危険らしいけどw

そして爆走ドライバーは、夜にもかかわらずガンガンエンジンをふかして、前の車を追い越しまくり、あっという間にホステルに戻ったのでした。

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



【インドネシア】バニュワンギ暴走ドライブ!爆走ドライバーと観光編。

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

<バニュワンギ近辺観光>

さてさて、ようやくホステルから外の世界へ出発です。

なんせホステルが心地よすぎて、最上級のダラダラを満喫していたので。

ドライバーのトミーが車出してくれるって言うもんだからお願いしちゃいました。

朝食は、Mayaお手製のパンケーキ(バナナ&ココナッツ入り)!

f:id:RILY:20180509092805j:plain

 

今回目指すのは、シークレットビーチ&サファリ!

インドネシアにサファリがあるの!?というリアクションになると思うんですが。

ありましたよ!!!

行ってきたので、しっかり書かせて頂きます。

バニュワンギは、青いマグマが見れるイジェン山が有名なんだけど、今回はローカル観光&ガイドブックに載っていないような新しい場所を案内してもらうことにしました。

 

インドネシアの神鳥であるガルーダがいるビーチ。

(奥にある、2本立ってる木の幹左側が鳥の頭に見えませんか?)

f:id:RILY:20180509133527j:plain

 こんな素敵なシークレットビーチがあります。

人も少ないので思う存分のんびりできます♩

 

<暴走の実態>

しかし、ここにたどり着くまでの道のりは簡単ではなかった。

私のドライバーを快く引き受けてくれた英語が苦手なトミー。(驚愕の27歳)

彼には、見た目からは想像できない暴走癖がありました。

いや、見た目はもはや関係ない?

f:id:RILY:20180509131225j:plain

これでゆっくり話すから、プーさんを思わせるマスコット的存在w

そして、そんな彼が持つ暴走癖とは、一般道100kmオーバー運転&対向車線走るの大好き病。

長い病名w

最初は、30度越えの暑い中、車に乗って観光なんて幸せ〜!と思ってたのも束の間。

すぐに、暴走ドライブスタート。

インドネシアって結構せっかち運転で、少しでも遅い車&バイクがいるとガンガン追い越します。この様にw

f:id:RILY:20180509121119j:plain

そして我々もトラックに続いてもちろん追い越し。

対向車来てない真っ直ぐな道なら安心なんだけど、どんどん対向車来るところでやってくるから本当心臓何個あっても持たない。

もはや、日本でこれやったら、何十回も警察に捕まり、人跳ねまくってるレベル。

ビーチまで片道2時間かかるから急ぐ気持ちわかるけど、ひとまず落ち着いてw

 

畑を横目にひたすら暴走。

f:id:RILY:20180509144130j:plain

 

ジャングルの中もひたすら暴走。

f:id:RILY:20180509140421j:plain

そしてガンガン追い越し。

そんな運転を続けること2時間。

いよいよビーチに到着です!!

 

<地元の方御用達のシークレットビーチ>

場所は、バニュワンギを北にしてひたすら南方面へ。

ビーチが左丸、サファリが右丸です。

f:id:RILY:20180718232428j:plain

本当にざっくりすぎて申し訳ないの一言w

サファリの名前は「Taman National Alas Purwo」です。

ビーチの詳細知りたい方は個人的にご連絡ください。

 到着したプライベートビーチがこちら!

f:id:RILY:20180509130844j:plain

人が少なくてまさに穴場のビーチ。

サーファーと地元の人が少しいるくらいで、ほぼ貸切状態。

パラソルとチェアーもあるから、うたた寝の準備もバッチリ!

船に乗って、奥に見える島に20分くらいで行くこともできます。

f:id:RILY:20180509133548j:plain

海の色がエメラルドグリーン!みたいなレベルでは無いんだけど、開放的になれること間違い無し。

f:id:RILY:20180509131246j:plain

ご飯食べる屋台にトイレもあるので1日のんびりできます。

※トイレにはトイレットペーパーがどこも無いので、ティッシュ持参がオススメです。

 

あとは ガルーダの形に見える木!!

私が個人的に海よりも気に入ったポイントがこれw

f:id:RILY:20180509133519j:plain

こんな絶妙な形になります!?

f:id:RILY:20180509133555j:plain

誰かが似せてくっつけたのかもしれないけど、それはそれでインドネシア人のユーモアに感動w

 

つづく

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



【掲載情報のお知らせ】旅を仕事にするブログ

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

インドネシアの空> 

毎日暑い日が続いていますね。

みなさん、水分補給をして無理せずお過ごしください!

こちらは、ジャカルタからバニュワンギへ向かう時の青空。

f:id:RILY:20180508123110j:plain

 なんてきれいな入道雲なんでしょうか。

私は、暑い日といえば、目を閉じて南国気分に浸ったり、入道雲を見て東南アジアの雲を思い出したりしてワクワクしてます。ただの妄想w

夏好きなので。

 

<掲載情報のお知らせ>

ここでお知らせです。

ありがたいことに、「Traveler」さんで私のブログを、オススメの旅ブログ集の1つに掲載して頂きました!!

traveler0401.com

 

旅に関するリアルな情報を、さまざまなジャンルから集められるサイトです。

ぜひぜひ、チェックしてみてください。

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



【インドネシア】バニュワンギの屋台飯!ディープグルメにチャレンジ!

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

<バニュワンギのディープグルメ>

今回は、ご飯編いってみます!

Mayaと再会して、さっそく夜ご飯へ。

屋台がたくさんあるメイン広場に到着!

f:id:RILY:20180508174216j:plain

なんだかよくわからないけど、見た目が面白い食べ物がずらり。

近くには、静かな公園があります。

f:id:RILY:20180510195312j:plain

マーケットの中にはフルーツ、生肉など食べ物に紛れて、洋服や雑貨まで売ってます。

f:id:RILY:20180510194531j:plain

そしてさっそく屋台へ。

みんながオススメの全部乗せ丼(勝手に命名w)をオーダー。

後からこれがナシチャンプルだと気づくw

ご飯、味付け卵、テンペ(豆腐)、揚げ豆腐、茹でモヤシの上にパリパリの揚げ物を乗っけて完成!

f:id:RILY:20180508174814j:plain

甘いたれベースなんだけど、辛いスパイスも付いてるからクセになる味!

屋台の横に座って、みんなでぺろりと完食!!

ここの屋台には、名物母ちゃんちゃんがいて、長い列ができるほど大繁盛。

屋台はボロボロなんだけど、味は最高!

レジは、写真のピンクの蓋のボトルの左側にある引き出しを使っていた。

売り上げた札束をぐしゃっとして、あの引き出しへw

f:id:RILY:20180508175454j:plain

そしてお次はサイドメニュー。

Mayaがバニッワンギのご当地メニュー食べたい?

というから迷わずお願いして出てきたのがこちら。

f:id:RILY:20180508174817j:plain

これは何?!

答えは「蜂の子」w

まさかのゲテモノ系きたー!!と思ったけど、思い切ってトライ。

おいしい!!!!!

プチプチした食感と、さっぱりした塩系のスープが合う!

さっきのナシチャンプルよりさっぱりしててお口直しですか?と聞きたい。

 

最後はデザート。

もちもちのタピオカの様なゼリーに、きな粉、ココナッツを乗せて黒蜜ソースをかけてます。サイドには、もち米っぽい黄色い何か。(参考にならなくてすいませんw)

f:id:RILY:20180508180818j:plain

「お腹いっぱいだからもういいよー!」とか言ってたくせに、ほぼ食べちゃいましたw

残ったらお持ち帰りしてオッケーなので助かる〜。

日本にもこのシステム入れて欲しいな。

この国では残り物をお持ち帰りしても、卑しい人に思われませんw

旦那さんにご馳走になったから、結局いくらかわからなかったけど、多分1人400円しないかな?美味しいご飯をありがとうございました!

f:id:RILY:20180508174217j:plain

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!