【インドネシア】ジャカルタ・ジョグジャカルタ・ボルブドゥールの治安情報③

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

さて、今回も引き続き、みなさんが気になると思われるインドネシアの治安についてです。

<ボロブドゥール遺跡の治安>

危険度:★★☆☆☆

世界遺産だけあって世界中から観光客が集まるボロブドゥール遺跡!

唯一、ここで日本人のおじさまグループに遭遇しました。

そして、私はインドネシア人の友達に誘われて一緒に観光してきました♩

インドネシア人に馴染み過ぎて、どこにいるのかまったくわかりませんw

f:id:RILY:20180513094028j:plain

 

まず、私達はボロブドゥール近くの山から朝日を観るツアーに参加!

その後、山をウォーキングして観光地を歩き、遺跡へ行くコースでした。

朝2時半起きで、車で1時間移動、4時半から登山というスケジュール。

もちろんのごとく、集合時間3時だけど、みんなが集まったのは3時半。

もう慣れっこですw

 

<夜中のウォーキング&朝日観賞>

夜中の出発のため、本当に真っ暗!!

登山口に到着した時は、お店の灯りがチラホラ付いている程度。

それでも写真撮影は怠らない彼らw

本当にインドネシア人(東南アジア人)は写真が大好き。

f:id:RILY:20190102211540j:plain

ここでは、懐中電灯か携帯のライト機能があった方が安心です。

そして寒い!カーディガン&長袖ズボンがオススメ!

日中との寒暖差が激しいです!

安全面は、暗闇の中を知らない観光客の人たちと近い距離で歩いたり、突然野良犬が現われたりするので、少し気をつけた方がいいと思います。

あとは、落とし物したら、もう戻ってこないと思ってくださいw

何しろ暗い&人通り意外と多いので。

f:id:RILY:20180513052450j:plain

まだ月の出ている頃に、山頂に到着。

本当に綺麗な朝日を観るこができます!!

f:id:RILY:20180513055407j:plain

インスタスポットもたくさんあってさすがインドネシア

いろんなところで写真撮影が楽しめます♡

f:id:RILY:20180513060728j:plain

私も、もちろんやりましたw

 

<いざ、ボロブドゥール観光!>

ここの治安は、警備員の方もいて、荷物チェックもしてるので比較的安心。

でもいろんな国の人が、自分達の国のルールで観光してるので、少し気を引き締めて観光するのがオススメです!

インドネシアのローカル観光客の皆さんもたくさん!

f:id:RILY:20180513100710j:plain

細かい遺跡の作りにウットリ。

f:id:RILY:20180513101525j:plain

ここで危険なのは、何と言っても灼熱の太陽!!

本当に日陰がないので、水&帽子&サングラス必須です。

暑過ぎて、焦げる感覚です。(←伝わらない表現w)

入る前に大きめのお水買って行きましょう!

f:id:RILY:20180513094525j:plain

あとは、女性に朗報です。

この国では、日傘をさしても、全然変な目で見られないので安心してくださいw

 

そして遺跡の中で、顔を出した石像を見つけられたらラッキーです!

たま〜にあります!!

f:id:RILY:20180513101151j:plain

是非、チャレンジして見てくだいね!!

 

<番外編:インドネシアのご飯>

ツアーについていたご飯は、なんと揚げ物のオンパレード!!

インドネシアは地域によって食べ物も違うと聞いていたけど、辛いイメージしか持っていなかった私。

こちらは朝ごはん。

f:id:RILY:20180513073802j:plain

厚めのポテト、唐揚げ、ライス等、みんな朝からパクパクw

胃もたれるよw

暑い国だからなんでも火を通すのかな。

こちらはランチ。

f:id:RILY:20180513130558j:plain

揚げ物はマストw

マッシュルームの揚げ物や焼鳥、スープカレー

美味しいんだけど、豪快な男飯のような味付けw

日本食の繊細な味付けって素晴らしいと痛感させていただきました!!

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



 

【インドネシア】ジャカルタ・ジョグジャカルタ・ボルブドゥールの治安情報②

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

あけましておめでとうございます。

今年もパソコン越しから、皆さんの旅のお手伝いができれば幸いです!!

 

さて、今回も引き続き、みなさんが気になると思われるインドネシアの治安についてです。

 

前回の記事はこちら↓

rily.hatenablog.com

 

ジョグジャカルタの治安>

危険度:★★☆☆☆

観光名所がたくさんあって、ツーリストで溢れているインドネシアの京都、ジョグジャカルタ

そしてジョグジャ(略)で一番有名な通りが「マリオボロ通り」。

いろんなレストランや屋台、ホテルが軒を連ねる目抜き通りです!

f:id:RILY:20180511215832j:plain

すごい人通りで歩くのが大変なんですが、身の回りの物にある程度気を配りながら、楽しく観光できました。

あとは、インドネシア人の友だちと2人行動したからさらに心強かったのもある。

交渉事はお願いしてたから、ボッタクられなかったです!

そこまで高い値段じゃないんですが、ボラれると普通に悲しいからw

ローカルの人達は、屋台でご飯中。

f:id:RILY:20180511215844j:plainストリートミュージシャンもいて、ゆるゆるな時間が流れています。 

<観光の時の服装>

格好はだいたいカジュアルで軽装です。

基本斜めがけバックにビーサン

あんまり派手にすると目付けられそうなので、友達といる時以外は、なるべく町に馴染むような格好を意識してます。

ジョグジャのめちゃくちゃ明るい大道芸人のみなさんと一緒にw

f:id:RILY:20180511223101j:plain

撮影後、チップはしっかり取られます。

そしてちょうどこの時、バックのチャック思いっきり開いてたw

水が大きすぎて入らなくて。

油断大敵!
ちなみにここでは、日本人には遭遇しませんでした。

 

<治安情報まとめ>

街には警備員も常駐していて、夜の23時くらいになっても、まだカップルや家族連れが多くて、とても賑わってました。

路地裏や人通りの少ない道の一人歩きは、もちろん気をつけたい方がいいですが、大通りは比較的安心して観光できました。

グループでも一人行動でも楽しめるエリアです!

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



 

 

【インドネシア】ジャカルタ・ジョグジャカルタ・ボルブドゥールの治安情報

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

今回は、みなさんの気になるインドネシアの治安についてです。

場所によって全然治安の違うインドネシア

 

<警察のいない島>

危険度:★☆☆☆☆

この写真は、バリ島からフェリーで30分の”ヌサ・ペニダ島”です。

なんとここは、警察がいない島なんです。

f:id:RILY:20181228213926j:plain

そのため、この島で人生初の原付きデビューさせていただきました。笑

何で警察がいないの?との質問にインドネシア人の友達が出した答え。

→この島には、悪い人がいないからだよ!車運転するのも免許いらないよ〜。

この島、無免許運転だらけなんですけど!笑

ツアー会社の車も暴走してして運転してるから、絶対無免許運転!!笑

 

こんな具合いでとにかく、緩い&何でもありなインドネシア

私が感じた治安について書いてみようと思うので、みなさんのご参考になればと思います!

ジャカルタの治安>

危険度:★★★★☆

話巧みに騙してくる!上級者の街。笑

f:id:RILY:20180508082505j:plain


 ジャカルタは大都市のため、ビジネスマン、観光客も多く常に忙しい街です。

凶悪犯がいる危険なイメージではないのですが、ちょっと観光客騙してお金稼いじゃおう!というノリがかなり多いです。

私も知ってはいたものの、すんなり彼等の罠にハマりました!笑

空港からホテルまでタクシーで行こうと思って、声かけられた女性(多分20代前半)に安心して手配をお願い。(疲れてたから結講いい加減にお願いした。笑)

空港からすぐのホテルなのに先払で¥2000も取られて変だなと思ったら、巨大な黒塗りのバンが到着。

6人は乗れるやつ。

ホテル代は¥1500!完全にやられました。笑

これは可愛い方なんですけど、もっと荒手もいるし、人を見る目が必要です!

ある意味人を見る目が磨かれるので、自分磨きしたい方にはもってこいかもしれない。笑

女性1人だとナメられて、いろんなターゲットにされやすいので、少し注意が必要ですね。でも、中にはとっても優しい人達もいるのでご安心を。

やはりキーワードは「人を見る目!」笑

 

次回は、インドネシアの古都ジョグジャカルタの治安についてです!

  

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



 

企業が求めるグローバルな人材って?国際的な人の本当の意味。

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです! 

f:id:RILY:20180804203638j:plain

 

多くの人外資系企業や、外国人が集まる街、六本木!

海外からの友達を案内するチャンスも多いけど、パリピが多くて私はあまり好きになれない場所。

もちろんお酒やバーは好きだけどw

今回は、タイトルに関係することで、気付いたことがあったのでみなさんと共有出来ればと思って記事にしました。

 

<よく聴く言葉!国際的な人、グローバルな人>

グローバル!国際的!

最近はこの言葉を耳にする機会が、以前にも増して超絶増えたと思うのですが。

都内に行くと、外国人観光客で溢れ、英語や中国語の看板やメニュー、外国人対応のスタッフから外国語で話しかけられ、もはやここが日本なのか、外国なのかという

錯覚に陥いる。 

そして、コンビニやキヨスクからは、いつの間にか日本人スタッフの姿が消えた。

企業の求人でもグローバルな人材を求めている。

果たして、グローバルな人って一体何だろう??

 

<グローバルの本当の意味>

私は、国際社会学を大学で専攻してました。

高校生のLilyが抱いていた、その学部へイメージ。

→世界のことを幅広く勉強できる!英語を話せるようになって、留学もできる学部!

(心底単純な人間w)

ハイソなイメージで海外に精通してて、かっこいいなと思っていたw

帰国子女や、留学生、はたまたCAや商社マンにも同じイメージを持つ人が多いのでは。

世界で活躍し、語学が堪能だとグローバル、または国際的な人という枠に入る。

でも、本当のグローバルってそれだけじゃないという事に、ふと気付いたのです。

 

グローバルの本当の意味、それは目の前にいる人を国や肌の色関係なく、平等に接することが出来る人だと思うのです。

日本で生活していると、もちろん日本人の割合が多いため、外国人を好奇な目で見たり、白人至上主義(広告の白人起用率の高さ等)を感じることがたくさん。

私のイギリス国籍でインド人の友達は、日本に遊びに来た時、こう言って怒ってました。

「私だけ空港の税関で呼び止められ、スーツケースを開けられて中身を全部チェックされた!私の肌の色が、ブラウンだから!!!」

うーん。。本当に何ででしょう?

差別は、対外国人に留まらず、日本人同士でも起こるし、解決策があって無いような問題。

そんな中でも、外国人である相手の文化を受け入れ、自分の友達、親友、家族の様に接することが自然とできる人の事をグローバルな人、国際的な人と呼ぶのだと思います。

そうなるには、世界に目を向けて興味を持つことが一番手っ取り早い道でしょうか。

ワールドニュースを見るとか、外国人の友達を作りにバーに出掛けるのも然りw

これから日本にいながらにして、外国人と接する機会がどんどん増えるんだろうな。

そんな中で、みなさんの心の持ち方の参考になれば幸いです。

 

最後は、商社マンの叔父が言っていた素敵な言葉で締めたいと思います。

「みんな自分の母親が亡くなったら泣くでしょう?

その気持ちに、国や肌の色は関係ないんだよ。」

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



 

LOVE TABIさん♡記事掲載のお知らせ!!

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

Macをアップデートしたらログイン出来なくなって、ご無沙汰になってました。

いつも苦戦して、データが吹っ飛んだりの繰り返しです;

 

<トラベルライターサイトのお知らせ>

この度、「旅に恋する情報マガジン LOVETABI」さんのトラベルライターとして活動させていただくことになりました!

おしゃれな旅行情報満載なので、是非チェックしてみてください!!

ホームページはこちら↓

http://lovetabi.com

ちなみに名前はLilyで活動していないので、見つけられた方はラッキー!w 

 

そしてインドネシア版、テラスハウスは(勝手に新シーズンw)次回アップ予定なので、暫しお待ちください!!

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



 

 

【インドネシア】ジョグジャカルタでまさかのインドネシア版、テラスハウス!

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

インドネシアの京都、ジョグジャカルタ

インドネシア人の旅友達に誘われ、ひょんなことから始まったこの旅。

電車と飛行機を乗り継ぎ、6時間かけてバニュワンギから到着したインドネシアの古都ジョグジャカルタ

到着は夜だったため、空港から宿へ直行することに。

f:id:RILY:20180511212123j:plain

なにやら友人5,6人で宿を借りてるらしい。

東南アジアのホステル事情はよく知っているので、覚悟はしてましたw

私が以前宿泊したある宿は、今にも壊れそうで、トイレには鶏が繋がれていたり。

ある宿は、宿の床が隙間だらけで、2階に宿泊して床に置いたものは全て1階へ落下していったっけ。。。(遠い目w)

タクシーは路地に入り、薄暗さがさらに増します。

f:id:RILY:20180511210120j:plain

 

テラスハウスへようこそ>

覚悟を決めている私に友達が「着いたよ〜」と一言。

ドアを開けると目に飛び込んできたのは、この空間。

f:id:RILY:20180511200000j:plain

え!

f:id:RILY:20180511190009j:plain

鶏がいない!w

2階はベッドルーム3部屋。

1階はダイニング&リビング、ベッドルーム1部屋。

f:id:RILY:20180511200012j:plain

インテリアの一つ一つがおしゃれ!

f:id:RILY:20180511185959j:plain

ここインドネシアだっけ?と思わずにはいられないクオリティー

完全に東京負けてますw

ちなみに女子部屋はこちら。

f:id:RILY:20180512064136j:plain

みんな支度中なので、ちょっと荒れ気味だけど。

家の外は、バイクがブンブン通ってて東南アジア丸出しなのに、一歩家に入るとこんな素敵な空間が広がっているなんで!!

ここに初めて出会った友達と一緒に生活するなんて!!!

あれ!

この展開って、まさか。

テラハ!!??

私の勝手な妄想も含みますが、

インドネシアテラスハウス

スタートです!w

 

 全然関係ないのですが、ブログの字体を読みやすくゴシック体とかにしたいのですが、方法がわからないので、コメントで教えていただけると助かります。

ここでヘルプw

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!



【インドネシア】現地の結婚式に招かれる!ジョグジャカルタまでぶらり旅。その①。

こんにちは。

特に自分を変えようとか思わないで世界中を旅するLilyです!

 

<出会いは旅の醍醐味>

ホステルには、欧米人、日本人、国内旅行中のインドネシア人などいろんな国の人たちが宿泊しています。

私は、ホステルのダイニングでインドネシア人グループと楽しくおしゃべり。

f:id:RILY:20180822192449j:plain

インドネシア語で話したら、とっても喜んでくれました!

さらに1人はオーストラリアへワーホリをして、私と同じ時期にシドニーに住んでいたという事実発覚!

共通点があって意気投合。

そして、「これから友人の結婚式に参加するためにジョグジャカルタに行くから、一緒に来ない?」と突然のお誘いを受ける。

フランスに行ってパリに行かないのと同じ。イギリスに行ってロンドンに行かないのと同じとか散々言いくるめられるw

さっき知り合ったばかりなのに大丈夫かなと思ってオーナーのMayaに相談するも、またもや明るい返事が返ってくる。

「ゲストハウスは旅人が集う場所だから、みんな旅仲間を見つけて出かけて行くわよ!大丈夫、大丈夫!」

そして私は、特に予定なかっので思い切ってみんなに便乗することに!

いい人たちだとわかってたけど、かなり思い切ったw

 

<中華系インドネシア人>

電車で4時間かけてバニュワンギ→スラバヤ。

スラバヤから飛行機で1時間半くらい→ジャカルタのコースです。

f:id:RILY:20180511064239j:plain

私たちがスラバヤで乗り換えた1日後にスラバヤの教会で自爆テロが起きたり、ジョグジャカルタにある火山が爆発して飛行機が飛ばないと言われたりするも、なんとか無事到着!

いつも何かしら起こるけど、なかなかラッキーに旅を進める私w

南国を走る列車は、ヤシの木を横目にひたすらスラバヤを目指します。

f:id:RILY:20180511065131j:plain

そして旅の道中は、みんなでひたすら話しまくる。

みんなは中華系インドネシア人。

ふと友達の免許証を見ると「Leonardo・Leonardo (レオナルド・レオナルド))」と記載が。

これは何かの間違い?と聞くと彼にはファーストネームしか無いそう。

中国のファミリーネームはあるみたいだけど、一度も使ったことがないとのこと。

インドネシア政府の政策で、華僑は名前しか名乗れなかったのだそう。

日本だったらありえないけど、彼らはケロッとしてました。

もっと詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。 

toyokeizai.net

 

インドネシアの京都、ジョグジャカルタ到着>

車内は冷房も効いてて、お弁当販売もあって新幹線みたい。

私はナシゴレン弁当を注文!

とても快適。

f:id:RILY:20180511120504j:plain

スラバヤに到着したらUberを使って空港まで移動。

最近は、みんなTaxiより安いUberを使うそうです。

私はまだ、海外でチャレンジしたことないから一度やってみたいな〜!

 

スラバヤの空港は、インテリアや装飾がとてもきれい。

f:id:RILY:20180511151034j:plain

噴火する火山を横目に無事、ジョグジャカルタに到着〜。

着いて早々ジョグジャカルタの街に繰り出します!

f:id:RILY:20180511223100j:plain

街では伝統衣装着た人が撮影してたから便乗w

みんなに何から何までやってもらって快適な旅は続きます。

 

 

*******

旅のご質問等ありましたら、下記まで何でもご連絡ください。

Lily宛

E-mail: hkfs08280828@yahoo.co.jp

*******

 

いつもクリックで応援してくださり、ありがとうございます!